2005年10月17日

ドラゴンボールを語る・・・

ドラゴンボール今ではその名を知らない人はいないくらいの名作です。初代の頃は本当にドラゴンボール探しなどがメインで初代の頃、スーパーサイヤ人など誰が予想できたでしょうか?天下一武道会での闘いもドキドキして見ていました。その後ピッコロ大魔王に負けて、それでも立ち向かい最後につらぬく場面で感動さえ覚えました。Zになっても人気は変わらずサイヤ人など当時不明なラディッツが出てきてサイヤ人編スタートしました。べジータ編〜フリーザ編までアニメでは伸ばし、伸ばしなのでイライラ、ドキドキしながら見てました。フリーザ編やべジータ編での悟空の登場は本当にかっこいいですね。クリリンがやられてスーパーサイヤ人になった時はみんなで盛りあがりました。それからメカフリーザが現れた時トランクスが来た時ですが、学校では(中学生)バーダックが来て悟空と一緒に戦う!などと予想などしてジャンプを楽しみにしてました。セル編でのセルゲームもおもしろかったですが、いきなり悟空が出て・・・悟飯と交代がっくりしましたが最後の親子かめはめ波はかっこよかったです。ブウ編になり、悟空じゃなくそれからは悟飯編と言われてましたが、やはり悟空の期待?多いせいか最後は悟空がブウを倒しましたが、あのあたりには年頃もあったのかあんまり興味なくなったのです。たまに家でつけたらあってたみたいな。ジャンプもお金もったいないので
コンビニで立ち読みで済ませてました。GT編になった時は嫌気さえしました。もういいやろーと当時の私は思ってました。今ではくいついて見るのに・・あの頃に戻れるなら、リアルタイムでGT物手に入れたいですね。カードダスなど懸賞にも応募したかったです。最終回は以外にあっけなくウーブと一緒に空を飛んで行きました。その頃はドラゴンボールは?と疑問に思いましたがGT編で最後にドラゴンボールの話でなんとかタイトルがついてきました。さまざまなキャラがいますが一番のお気に入りはやはりフリーザですね。圧倒的な強さに驚きましたがGT編や映画版などですぐやられるシーンを見て残念に思えました。おそらくこの人気が落ち着いてもなんらかの形でドラゴンボールは
残っていくでしょう。そう思えばドラゴンボールは永遠に不滅だと思います。
posted by どらどらん at 03:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画を語ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドラゴンボール ??其の二 スカウターの信頼性??
Excerpt: バンダイ 新超戦士大全 フリーザ スカウターとは其の一でも述べさせていただいたとおり、戦闘能力を測定する半ばメガネのような機械のことです。サイヤ人をはじめ多岐に..
Weblog: 漫画・アニメのアマチュアブログ
Tracked: 2005-11-25 06:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。